Blog

生地はいつも、特定の、ヤフーオークションの生地店で購入しています。

いろいろな業者が出品していますが、この生地店と決めています。


ヤフーオークション出品者なので、店名などは非公開で、購入者しか知ることができません。

なので、店名などはご紹介できないのですが、「はぎれ、布地」カテゴリーで、「イタリー」で検索すると、わかりそうです。

イタリー製生地を激安で販売している生地店です。


今回購入したのは、全てイタリー製です。


上はニットです。こういう変わり編みのニットって、都内の某高級生地店なら、倍くらいしそうです。¥800/mです。


下はツイードです。今季のシャネルみたいな、渋い色に、渋い銀ラメが織り込まれています。写真よりも実物の方が高級感があります。これも、某高級生地店なら、倍ですね。¥800/mです。


合計5点購入しました。今回も、高級イタリー生地が激安で、感激してしまいました。


でも、私の生地山、すごいことになっていて、全然縫うのが追い付かないです。

押し入れが全部(一部でなく全部です)生地収納になっていて、押し入れ一杯(!)+コンテナ3個分以上あります。

他のブロガーさんが、生地買い病、とおっしゃっていても、私に比べればたいしたことないですwwwwww重病です。

もう買ってはいけない、と思うのですが、イタリー生地には弱いのです。


製作中の、イタリー製ジャガードのコートが、形になっています。

この生地も、同じヤフーオークションの生地店で購入しました。¥1000/mでした。

フォーマル風の生地で、お気に入りでしたが、使い道に困っていました。

コートにしてみましたが、やはり、フォーマル風が抜けず、どこに着ていくの?という感じです。

生地はすてきなのに…。生かし切れなくて残念です。


応援してください

ボタンホールを、縫製工場に依頼していたのが、ボタンホールが完成して、返却されました。

早速、ボタンを付けました。ボタンを付けたらピーコートらしくなりました。


他のブログを拝読すると、ボタンホールを手かがりしている方も多いのですね。

送る手間などが省けて、良いですね。


送料往復+ボタンホール料で、¥3000くらい掛かりますしね。

安い既製服が、買えてしまいますwwwww


でも、手かがりは自信がないし、ボタンホールは最後の工程で、失敗したくないので、今回はプロの縫製工場に依頼しました。


次作も製作中ですが、まだ形になっていません。形になったら、ぜひご覧いただきたいです。


応援してください

3ヶ月前に買い替えたばかりのエクシムロックが、最初から不調でした。

特にルーパー糸の緩みが酷く、針糸の締まりも悪い感じでした。


ガマンして使っていましたが、初期不良なのにガマンする必要はないと考えて、販売店で無償点検、修理していただくことになりました。


二週間かかるとのことで、その間、ロックミシンをほとんど使わない、総裏ジャケット類しか作れません。


ジャケット類などの重衣料は、作るのに気が重くて、製図は完成していても、裁断にとりかかれない場合が多いです。


芯貼りが、地味な作業で嫌いです。裏布の縫製も、地味ですけれど。


でも、タイミング良く、コート類に必要な12mm押さえ金が届きました。これです。

私の既製服コートの上で撮影しました。


これは段付押さえ金ですが、12mm爪付押さえ金も購入しました。


衿周りや前端は、段付押さえ金の方が便利ですが、爪付押さえ金ももしかしたら必要かも、と考えて、中古で¥500くらいなので、両方購入しました。


それから、ついでに紐用ラッパも購入しました。

これも中古で¥500くらいでした。

これは7mmの紐用です。


もう少し太い紐用を希望していましたが、紐用ラッパは中古であまり出ません。あまり選べません。


7mmの細さって、何に使えそうでしょうね??


よろしければ、応援してください。

パシフィコ横浜で明日まで催しているイベント、ハンドメイドメイカーズに行きました。


手作り市を大きくしたような、プラスアルファで、ベビーロックなどの企業ブースも追加したような、イベントです。

ホビーショーよりも、割合、手作り作家のブースが多めで、企業ブースが少なめな気がします。


すてきだと思う、服作り作家さんのブースがありました。

すてき!と言いながら拝見していたら、服作り作家さんの方からお声を掛けていただいたのですが、「私も服作りしています」とは言えなくて、作品を拝見しただけでした。


まず、作品が、どこにも売っていないような個性的なデザインの服でした。でも、悪趣味ではなく、すてき!と注目してしまうのです。


そして、同じテイストの個性的な服ばかりで、ブースが統一されていました。


流行のデザインというわけではなく、個性的な一点ものばかりで、高級感もあります。


価格まで確認できませんでしたが、お客様が集まっていて、作家さんは忙しそうでした。


忙しい中、わざわざ作家さんの方からお声を掛けていただいたのに、そそくさと逃げてしまい、後悔しました。いろいろお話を伺いたかったです。


参考になる点がいくつかありました。

1)個性的であること

2)テイストを統一すること

3)流行に媚びないこと

基本だと思いますが、それでいて、すてき!と感じさせるのは、難しいですよね。


私の作品は、没個性的なのではないか?!と、不安ですが、他人からは「私らしい作品」だと言われます。でも、もっと個性が欲しいです。

テイストの統一は、注意しています。

あとはセンスを磨かなければ!!難しいですwwwww一生の課題です、たぶん。


他人の作品って、参考になるし、私も!というエネルギーをいただけます。また、服作りしたくてうずうずし始めました。


応援してください


♦追記

ブースの場所から、服作り作家さんの店名がわかり、少し調べたのですが、今は絶賛したことを後悔しています。

とても若い作家さんで、「自作パターンです」とおっしゃっていたのですが、それは私は当然だと思っているので、「??(何でそこを強調する??)」といぶかしく感じたのです。

それに、ニットの急カーブの縫い合わせがあるデザインで、「きれいな縫製でまるでプロ!!」と、そこも不思議だったのです。

たぶん、一人の作家さんが一貫して作ったわけではなく、アパレル式に分業しているのだと思います。

でも、それなら、誰と誰の合作、と名乗れば、それもありかもね、と私は納得します。

作家さんのプロフィールなどは、作家名すらホームページに記載がなく、ブランド名と商品だけで全く不明です。

何だか…。他の作家さんが一貫して作品製作をしているのに、ずるく感じるのは、私の心が狭いでしょうか??

出店するイベントが違うのでは?と思うのは、イジワルでしょうか…??

最近、朝だるいです。何もできず、ボーッと一日過ごしていました。

でも、旧居は古い、狭い、汚いの三拍子だったし、商店街などもなかったので、ボーッとしている割にはお金のむだ遣いばかりしていました。

新居は、近くに商店街があり、スーパーで買い物するよりも楽しいです。

八百屋では地元の野菜を販売していて、新鮮で、それでいて安くてありがたいです。

農家の直売所もありますが、八百屋も鮮度は劣らず、目利きの八百屋が仕入れた野菜の方が良いくらいです。

なぜかカブをよく売っていて、茎がしんなりしたのではなく、バリッと折れてしまうほど新鮮です。

カブの料理はあまり知らないので研究中ですが、根も葉も丸ごと食べられて、お得な野菜ですよね。

小松菜などもバリバリに新鮮で、その日によってはスーパーの3把分くらいの量で¥150くらいです。

お得感があるし、野菜料理が増えて健康に良さそうです。

今朝もだるかったのですが、昼前に八百屋に行き、午後はヒマで何かしたい感じです。

黒ガウチョを新調しようかな?と考えています。これです。

少しきつめになったので、サイズの合うのを新たに作ろうかと考えています。

黒ガウチョはヘビロテ中だし、ヘビロテしているのだからサイズが合っている方が良いし。

この黒ガウチョが履けないわけではないので、迷っています。

パンツ作りって、地味な作業ばかりなので、後回しにしがちですwwwww


よろしければ、応援してください。



○ンドラハウスで、ニットハギレ着分¥380セールを行っています。

珍しいスエード調ニットを、着分¥380でゲットできました!!!

レザー調やファー調、ツイード調、デニム調、ちりめん調など、ニットも多様で驚きますよね。

このスエード調ニット、創作意欲を刺激します。

ちなみに、ポリエステル100%で普通に洗濯できそうです。洗濯できないのは、困りますよね。

他、きれいなラベンダーのニットなども購入しました。

また来店して、追加購入しようか迷っています。

もうクリスマスツリーですよっ!!!早っ!!


応援してください



♦製図について

紺メルトンではなく、古い在庫の、グレーっぽい緑のメルトンにしました。

「ピーコート」と言ってよいのか…。


「男のコートの本」のピーコートをマネしてパタピッで製作しました。

「男のコートの本」は、タイトというかスリムで、夫は苦手そうです。なので、私が製図しました。


ワイドなシルエットのはずだったので、後ベンツを省きました。

でも、試着してみたら、夫も横に成長したようで、ワイドでなくノーマルなシルエットになっていました。


ちなみに、夫の既製服コートは、昔のワイドなシルエットのコートは後ベンツなしです。

最近のノーマルなシルエットは後ベンツありです。

ゆるみの問題よりもデザインの問題かもしれませんけれど。


夫の強いリクエストで、内ポケット付きです。下手くそですが、片玉縁ポケットを作りました。

夫の既製服コートは、両玉縁でフラップ付きですが、簡単に片玉縁にしました。

外ポケットは大きな箱ポケットです。これも下手くそで、付け根がエクボになってしまいました。

ボタンは、水牛調かメタル調か、迷っています。夫と相談です。

♦縫製について

コートは、あまり作らないので、ないものだらけでした。


まず、太糸がなく、在庫の50番手で縫ってしまいました。わざわざ購入したくなかったからです。


そして、ミシンの押さえ金も、在庫は8mm押さえが一番太くて、それ以上の極太は持っていません。それも、わざわざ購入したくなくて、8mmや5mmで代用しました。


すると、やはり手作り感が出てしまいます。もちろんそれだけでなく、ステッチが下手くそなせいもあります。


私はポケット嫌いで、ポケット作りが不慣れなせいもあり、下手くそです。

コートは大物なので、今まであまり作りませんでしたが、これからもっと数をこなして、上手くなりたいです。


♦着こなしについて

ジーパンにもチノパンにも、スラックスにも(!)合うコートが良い、とのことですが、たぶん合うと思います。

緑なので、特にチノパンと合いそうです。


よろしければ、応援してください。

蛍光灯下の写真ですみません。ここまで縫えました。

あと、袖付け、表布と裏布を縫合して、ボタン付けして完成です。

袖付け前の疑問です。最近のメンズコートは、肩パットなしが多いのでしょうか?

市販本「男のコートの本」「本格メンズ服」は肩パットなしです。

そして、縫い代は身頃高(身頃側に倒す)で、押さえステッチをします。

数年前に購入した、夫のニューヨーカーのコートも同様です。

疑問に感じて、「メンズコート_肩パット入り」で検索してみました。

やはり、肩パット入りの方がシルエットがきれい、という意見があり、同感です。

画像検索で、肩パット入りメンズコートの画像では、縫い代はどちらに倒すのか不明ですが、身頃側に押さえステッチはありませんでした。

私が習った、縫い代袖高で肩パットとユキワタを入れれば良さそうですが、メンズなので自信がないです。

自分がメンズではないし、よくわかりませんwwwwwでも、肩パットは入れた方が好きです。


よろしければ応援してください



後回しにしていた、夫のピーコートの型紙を作り始めました。

夫は、採寸や試着をあまりさせてくれないのに、完成した服に不満を言います。

ちなみに、市販本の型紙で作った服は、タイトで腕の付け根がきつくて嫌、という理由で、ほとんど着ません。

ユニクロは、皆が着ているので嫌とのことだし、とにかく流行のタイトな服は着ません。

ならば、イージーオーダーの、海外縫製で激安なのを勧めてみても、関心なさそうです。それこそ、採寸させてもらえません。

試しにオーダーしたスラックスは、新品のまま放置です。そして、よれよれの古いスラックスばかり履いています。

でも、昨冬、わざわざ夫用に紺メルトン生地を購入してしまったので、しかたなくピーコートを作ろうと考えています。

それも、夫にも使えそうな緑のビーバー?(斜め織りでやや起毛)在庫生地があったのに、「ピーコートは紺に決まっている!」とワガママを言ったので、わざわざ購入したのです。そして、今は「そんなこと言ったっけ?」ととぼけています(怒!!)

製図はできました。例えば、前身頃はこんな感じです。

夫はなで肩で、肩が落ち気味なので、試しに、パタピッ入力例よりも肩線を5mm下げて、肩幅も5mm狭めてみました。肩はあまり変更したくないのですが、試してみます。

ちなみに、レディース用パタピッのメンズ操作の方法は、プライベートパタピッマガジンやマニュアルに記載されています。


よろしければ、応援してください。



完成したツイードジャケット、ブレードの赤紫が主張しすぎるのか、コーディネートが難しいです。


さんざん悩んで、「ツイードジャケット_レディース_コーデ」で検索してみました。

「インナーはシンプルが原則」との意見があり、ツイードジャケットって色柄ものだから、もっともだと参考になりました。


でも、ジーパンやTシャツでカジュアルダウンさせたコーディネートが多くて、バブルをかじった中年マダム?(ただのデブのオバサンですが)としては、そんなの好きになれません。

そもそも、デブのオバサンにはムリだしwwwwwオバサンのカジュアルダウンは難しいのです。


コーディネートに悩んでいたところに、たまたま、ファッション通信の古い録画で、カール・ラガーフェルドさんのシャネルのショーが流れました。

私の作品のように、カラフルで、ブレードで飾ったりするのは流行遅れなのか、ベージュやグレーなどカラーレスで、不思議な羽根飾りくらいで、あっさりしていました。


シャネルのショーを観ると、ベージュやグレーなどの渋いツイードも味があるな、と参考になります。

そういう渋いツイードと、レザーのサイハイブーツを合わせたコーディネートがステキで、ツイードとレザーって、合うよね?と、再認識しました。

試しに、昨冬作った、フェイクレザーのワンピースと合わせてみました。このコーディネートが気に入っています。

(蛍光灯下の撮影で、きれいでないので、明朝写真を差し替えると思います。写真命!です。でも、言いたいことが明朝では遅いので。)

(※10月31日7:00 写真を差し替えました。)

昨冬は、渋いツイードコートと合わせて着ていました。

このフェイクレザーワンピースは、グレーで顔映り悪いし、一枚だとあまり似合わないのですが、コーディネートしやすいのでヘビロテしています。


私は、ソーイングカテゴリーに残りたいです。よろしければ、応援してください。

ブログ村を辞めたり、ランキング不参加になったり、不安定ですみません。

でも、今のところ、ソーイングカテゴリーは平和なので、落ち着いていられます。

避けたり逃げたりするのは自分が損、という意見も正しいですが、ソーイングカテゴリーが平和で好きなので、ここに落ち着きたいです。

それが言いたくて、夜で写真がきれいでないですが、ブログを公開しました。

♦製図について

残布で、シンプルなタイトスカートを作りました。これで使い切りました。

脇コンシールファスナー、後スリットです。

裏布は、ジャケットと同じ、紺の綿ポリエステルジャガードにしました。


♦縫製について

スカートはあまり作らないので、縫い方を忘れてしまい、思い出しながら縫いました。

また、縫い順を考えすぎてしまいました。脇コンシールファスナーを付けるタイミングに迷いました。

習った方法はコンシールファスナーではなく、普通のファスナーで、縫い順が違います。なので、コンシールファスナーの場合は初めてで、難しく考えすぎてしまいました。

結局、脇コンシールファスナーを表布に付ける→そのファスナーと裏布を縫合する→スリット部分の表布と裏布を縫合する→ウェスト部分の表布と裏布を縫合する、の順で縫えました。

全てミシン縫いなので、縫い順を誤ると、縫えなくなります。勉強になりました。


♦着こなしについて

ツーピースにしたら、私が着ると落ち着きすぎて、老けた感じ(年齢相応?)になります。

バラバラに着た方が良さそうですが、変なコーディネートをするくらいなら、ツーピースの方が無難でラクそうです。


※10月27日14:40 上の写真を追加しました。白ブラウスをインナーにした方が若々しいです。

♦製図について

プリンセスラインのような切替です。

私のように体に厚みのある体型は、パネルラインは急カーブになりすぎて縫いにくいし、不自然というか、すっきりしない感じになるのです。


これは、プリンセスラインを、さらに胸で切り替えました。

この切替、気に入りました。自然な感じだし、芯貼りがラクなのですwwwww

胸上身頃とと胸下中心身頃のパーツに、全面芯を貼りました。部分芯よりも、全面芯の方が少しラクです。


「パネルライン」「プリンセスライン」とは、このパタピッのリンクでは「パネル切替」「肩からの切替」となっています。

「パネル切替」をパネルライン、「肩からの切替」をプリンセスラインと、私は解釈しています。

ポケット無しのカーディガンジャケットで、ポケット代わりも兼ねて、胸切替線にもブレードを付けました。


♦縫製について

怖れるほど甘織りではなく、とても扱いやすいツイードでした。


ポケット無しだし、カーディガンに裏を付けたようなものです。カーディガンも、ポケット付きもありますけれど。

裏布は、綿ポリエステルのジャガード裏布を使用しました。これ、扱いやすくてオススメです!!

裏布って、グニャグニャするし、つれるし、難しいですよね?この裏布、そういうストレスが全くないです!!!

裏布にしてはシャキッとしているのが、好みが分かれそうですが、普通の生地みたいに扱いやすいです。

私はどんでん返しの縫い方なので、手縫い少なめですが、手縫いの多い縫い方には特にオススメです!!


念のため、普通の表布を裏布に代用するのは、やめた方が良いです。静電気バチバチで、着るのに痛くて、着られなくなります。

私、ポリエステルのブラウス生地を裏布に代用して、着られなくなりました。


♦着こなしについて

すごく気に入っています。写真のようなコーディネートでお出かけしたいです。