Blog

昨日は実家に行きました。このブラウスを着ていて、母にほめられました。

着丈が長めだったのが気になっていたので、ギャザーを2本から4本に増やして、着丈を短く修正しました。

母の知人から、古風なイヤリングをたくさんいただきました。

古風だけれど、魅力的で高級感があります。

これは一部ですが、超オシャレなマダムで、インポート風が多いです。

このブラウスには、イヤリングも合いそうですね。


応援してください

いつもの、ヤフーオークションの生地店で、写真のモヘア混リングニットを¥500/mで購入しました。「特別価格」とのことですが、激安です!!

プルオーバーでも良いでしょうが、しっかり編まれたニットなので、芯貼りすれば、ライトなアウターにもなりそうです。

リングニットって、高価なイメージです。某高級生地店では、それこそ4倍くらいの高値で販売していそうです。


いつもの、イタリー激安店です。これはイタリーではなさそうですが、しっかりした高級品です。

「はぎれ、布地」カテゴリーで、「イタリー」で検索するとわかりそうです。

私は、この店と決めています。


でも、生地収納に収まりきらないほど、生地があふれていて、しばらく汚部屋の整理をしたいと考えています。

以前も申しましたが、押し入れ一杯(一部でなく全部)が生地収納ですが、それでも収まりきらないほどです。重篤な生地買い病です。

それから、糸も増えてしまって、糸の収納も見直さなければなりません。

良い機会なので、作品製作は一休みして、汚部屋の整理をしたいと考えています。


応援してください

♦製図について

身頃と襟が、ボトルネックのように続いているようにも見えますが、タートルネックのように縫合しています。

普通に糸二本でギャザー寄せした身頃に、ゴムカタン糸でギャザー寄せした襟を付けました。


裾、袖口も、ゴムカタン糸でギャザー寄せしました。


脱ぎ着のために後中心スリットあきで、襟にスナップを付けました。

スナップは、手芸ナカムラで購入した、くるみスナップを使用しました。


カットジャガード(?たぶん)で、高級感があると思います。


♦縫製について

カットジャガードは初めてで、ジョーゼット風なのに、ジョーゼットと違って縫いやすいです。


ゴムカタン糸でギャザー寄せした襟を、ギャザー寄せした身頃に付けるのが、ボコボコして縫いにくかったです。

ギャザーが少し粗くなってしまった部分もありますが、黒なので目立たないです。


♦着こなしについて

カットジャガードは、透け透けではありませんが、少し透けるので、インナーが必要です。


着丈を短めにすれば若々しかった、と思うのですが、オバサン体型なので、これで良さそうです。

袖丈は、長めでも良かったかもしれません。うっかり、いつもの短めにしてしまいました。

袖が短めだと手洗いなどで便利です。つい、実用優先にしてしまいます。

オバサンになって、若者のデザインが難しくなりました。


パールネックレスは、¥300均、原宿パリスキッズのものです。他の高級ネックレスよりも、これが合うと思います。買っておいて良かったです。


応援してください

♦製図について

先日作った、レーヨン混ニットのクロスドレーププルオーバーの型紙を使いました。

レーヨン混ニットはドレープがきれいですが、寒いので、試しにウール混ニットで作ってみました。

ウール混ニットでも同様にドレープができて、温かいし、改良できたと思います。


♦縫製について

ウール混ニットで、戻りが悪いので、襟ぐりはスピンテープを入れながら縫いました。エクシムロックは、専用押さえ金があります。

でも、テープ押さえの不具合なのか、縫い始めの布送りが引っかかって、汚くなるときがあります。

テープ押さえは、たまにしか使わないので、コツを忘れてしまいます。


複雑な作りで、クロスドレープの中心辺りはロックミシンで縫えません。なので、縫い残した部分は直線ミシンで縫いました。

でも、中心辺りは縫い残した方が、ドレープが自然できれいだったような気もします。


今作は、右前が上になるように意識しました。どちらでも良いと思いますけれど。


♦着こなしについて

襟ぐりにスピンテープを入れたら、あまり伸びなくなって、脱ぐのがやっとになってしまいました。

でも、温かいウール混ニットでできたので、嬉しいです。気に入っています。


応援してください

イーグルのことは、他のブログで知りました。

偶然、イーグルの催事を三越本店で、昨日まで開いていたことを知り、初めてイーグルの催事に行きました。


三越本店は、たぶん10年ぶりくらいだと思います。本館と新館に分かれていて、迷いました。

三越本店は、リッチそうなお客様も多いので、緊張してしまいました。10年ぶりくらいだし。

散々迷って、総合案内で、催事場を教えていただきました。


小さな催事場でしたが、お客様が数名いました。

三越なので、高級インポート生地を購入して、仕立てを依頼するお客様かと思いましたが、私同様、自分で縫うお客様だったようで、安心しました。


商品数が少なくて、気に入った生地もなかったのですが、この水彩画風だけ気に入りました。

ポリエステル100%、シングル幅2.7m(ワンピース着分)、日本製で¥2300+税でした。

ポリエステル100%でも、こんなにきれいなぼかし染めができるのですね!

シングル幅というのが、大きなサイズの場合、困りますが、ワンピースはムリでもブラウスには十分すぎるでしょう。

春めいてきたら、ブラウスでも作りたいです。


応援してください

♦製図について

正しく展開できたのか、不安でしたが、思い描いたとおりにできました。

レーヨン混ニットで、ドレープデザインには向いていますが、真冬は寒いです。


♦縫製について

クロスドレープの中心辺りは隠れて見えませんが、きれいに縫えません。


ねじりドレープも、パーフェクトにきれいに縫うのが難しいのですが、このクロスドレープも、パーフェクトにきれいに縫うのは難しいです。複雑すぎるのです。

どうせ、クロスドレープで隠れるので、見えない部分にこだわりすぎるのは無意味だと考えています。


また、複雑なので、どこを縫っているのかわからなくなります。印付けはきちんとする必要があります。


♦着こなしについて

襟ぐりの詰まったデザインで、秋冬向けなのですが、ドレープのきれいなレーヨン混ニットでは寒いし、難しいです。


襟ぐりが詰まっているので、首が短く見えそうだと誤解していましたが、意外にスタイル良く見えます。首は、少し細く見えるような気がします。


凝ったドレープデザインが好きなので、気に入っています。


アメリカ人の従姉妹一家は、無事、帰国しました。


従姉妹は、某有名企業の管理職です。

初めて会った20代の頃から管理職で、当時は銀行の支店長でした。

従姉妹に初めて会ったときの印象は、こんなに小柄な日系女性が、しかも若いのに、支店長だなんて信じられない!という感じでした。

私の支店長のイメージは、中年男性で、ピリピリした感じです。従姉妹とは、全く違います。


また、夫婦の役割分担も変わっていて、従姉妹が外で働いて、従姉妹の夫が家事をしているみたいです。

私も結婚した今となっては、夫婦の役割分担に縛られない方が良いということを理解できましたが、当時は驚きました。


それから、従姉妹はフロリダにプール付きの自宅を持っていますが(フロリダはとても暑いので、プールが必要だと説明していました。)、別荘みたいにステキなお宅で、訪問したくなりました。

アメリカに来てね!と、社交辞令?で言っていましたが、それに便乗しようかな、と考えています。


でも、飛行機が怖いし、英語が苦手だし、難しいです。

従姉妹は、私と違って、好奇心が強くて行動的です。日本語が理解できなくても、何とかなる!で、来日したようです。

その、好奇心が強くて行動的で、フレンドリーなところを、尊敬しています。


それから、あまりムリしすぎないところに感心しました。

管理職でも仕事人間ではないし、母親としても、子供との距離が付かず離れずで、良い感じです。

私は、仕事も、ムリしすぎてダメになるし、母親にもなれなかったし、憧れます。

従姉妹一家が来日してくれて、いろいろと勉強になりました。


以前のスマートフォンが調子悪かったので、思いきって、機種変更しました。

アンドロイドからiPhoneへ変更したせいか、ラインの履歴を復元できなくて、消えてしまいました。

残念です。

セリアのクリアカバーに、デコレーション用パーツを接着剤で付けてみました。

ポロッと外れてしまうかもしれませんが、試してみます。


応援してください

東京観光で、ガイドをしてくれた義姉へ、プレゼントしたいです。

仕事中に着られる服がほしい、と以前おっしゃっていたので、オフィスカジュアル風のデザインです。


♦製図について

義姉はSサイズで、細いです。細さをカバーするために、タックを追加しました。

首も細いので、襟ぐりは小さめにしました。

パフスリーブで、ふっくらしてかわいらしくしました。

義姉はグレー系の服が多いイメージがあるので、グレーにしました。

グレーは、オフィスカジュアルの定番ですし。

グレーといってもサテン風の艶があるニットで、銀ラメのテープも追加して、華やかにしました。


♦縫製について

久しぶりの縫製だったので、縫い直した部分もありますが、順調に完成しました。


♦着こなしについて

ベーシックな色とデザインなので、コーディネートしやすいと思います。


応援してください

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年のお雑煮です。小松菜は高価でしたが、偶然、東京産です。

気が変わるかもしれませんが、今考えているのは、英語を学び直そうかと、考えています。

グーグル翻訳は、困った誤訳になりがちです。人工知能なので、パーフェクトの翻訳はありえないと考えています。

従姉妹のネイティブの英語を聞いていると、日常会話は、易しい単語で、短い言葉で済ませている印象です。でも、そういう口語は、グーグル翻訳では誤訳しがちです。

私がもう少し英語ができれば、もっと楽しいのに、と思います。

それに、私は洋裁にのめり込みすぎていると思います。全く違うことにチャレンジすれば、気分転換になりそうです。

調べてみたら、英会話のレッスン代は高価だし、やる気も必要で自信がありません。

別の従兄弟は、来日して英会話講師を務めていたこともあり、私が英語を学びたいと言えば、応援してくれそうです。


応援してください


♦追記

夕食は、鮭イクラおこわにしました。

湯飲みは、アメリカ人の従姉妹のお土産です。夫のとペアでいただきました。

アメリカ人作家の手作りだそうです。和風なのに、おもしろいですよね。

東京観光が終わり、アメリカ人の従姉妹たちは別の親類を訪問予定ですが、毎日のようにライントークが続いています。

アメリカへ発つ前に、再会する約束をしています。

忙しくて、ブログ放置のまま、年末になってしまいました。

今年の新しい試みは、メンズ服でした。

今まで難しそう、と諦めていましたが、ダーツがない分、易しいかも?!と思えるようになりました。

どちらのの服も、夫がヘビロテしているのが嬉しいです。

あとは、デコポッジ3Dシートのコサージュ作品が新たに加わったことです。

それから、ブログ村カテゴリーを変更して良かったと思います。

小さなカテゴリーですが、のんびりできます。

以前は、ブログ更新しなければと煽られていたし、誹謗中傷の類にも神経を尖らせられました。

小さなカテゴリーで閲覧数も減りましたが、今の方が私に合っているのです。


応援してください


これは、アメリカ人の従姉妹からのプレゼントです。ヨーロッパ風でステキです。

ハプニング続きだし、やはりグーグル翻訳は誤訳が多くて言葉が通じず、私も夫もダウンしてしまいました。

いつも気が利いて優しくフォローしてくれる義姉が、最終日に付き添ってくれました。

義姉は良妻賢母で、こんなに気が利いて優しい女性は稀だと思っています。

私はそういう才能に欠けているので、いつも甘えてばかりですまないです。

従姉妹は、20年前と変わらず、若々しくて美人でした。

全く太っていなくて、プレゼントの服が大きすぎたくらいでした。

ボルドーは好きな色だそうで、肌色に映えて良かったです。

それから、彼女は仕事のキャリアが輝かしいですが、自然体で安心しました。

自信も備えていますが、空気を読む繊細な性格です。それに美人で、ステキな女性です。

彼女の夫はプロカメラマンで、芸術家肌ですが、夫婦仲も良く、子供にも恵まれて、ステキな家族です。

従姉妹の娘は、意外に小柄で、プレゼントのMサイズの服がやはり大きすぎました。SかXSくらいだと思います。

彼女は色白でブロンドヘアなので、薄グレーが良く合っていて安心しました。

オシャレが大好きで、原宿竹下通りで、熱心に買い物していました。

楽しかったけれど、やはり言葉が通じないのは(誤訳で誤解するのは)、かなり疲れました。

今のところ、人工知能もたいしたことないです。ないよりもマシですが。


応援してください