黒ベロアニットのカーディガン(完成)

手作り市の商品はだいたいできあがったので、久しぶりに自分の服を作りました。

来月初旬、夫のバンドがディナーコンサートを催します。

毎年、何を着れば良いのか悩んでいます。ディナーといっても、ドレスコードは全く自由です。でも、少しドレッシーな方が合う感じがします。

そして、10月初旬は暑い日も寒い日もあり、予想が難しいです。寒ければ、それなりに一重ジャケットやコートを着ますが、それほど寒くない場合が多いのです。

かといって、夜に薄手のワンピース一枚では、少し寒そうに見える感じです。

そういえば、ドレッシーなカーディガンがないな、と思って作りました。ちょうど良さそうなベロアニットの残布があり、使い切ることができました。


♦パタピッ+CADについて

ブラウス&カットソー身頃、ニット用一枚袖を使用しました。


♦縫い方について

見返しは黒の別布にしました。

ボタンホールが、下糸がからまって糸玉になり、何度もやり直しました。ミシンの取説によると、上糸が弱いと下糸がからまることがあるとのことで、上糸を強くしたら何とかできました。でも、あまりきれいにできていません。

1ボタンか、5ボタンくらいたくさんにするか、迷っていたのですが、ボタンホールが調子悪すぎて怖くなったので、1ボタンにしました。金ボタンで存在感大なので、1ボタンの方がスッキリしそうです。前を全部閉めて着ることはないですし。


♦着こなしについて

カーディガンといってもジャケット風で、きちんと感があるので、ディナーコンサートに合いそうです。

屋内では上の写真のように前を開けて、ネックレスを見せて華やかに着られますし、屋外では前を閉めて、ファーティペットでも付ければ温かそうです。

ファーティペットは先日作った、手作り市の商品と同じ物です。同じ物が3個できて、1個自分用にしました。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000