黒フェイクスエードのジャケット(袖口ステッチ)

赤矢印の位置、つまり、いつも手まつりする位置に、ミシンステッチをかけました。

裏布の内側になります。どうすれば良いのか悩みました。

結局、裏袖を除けながら、何とかステッチできました。

なぜミシンステッチにしたのか、おわかりだと思いますが、フェイクスエードで手まつりできないからです。

いつもの袖作りの方法では、どうしてもステッチできませんでした。

それで、たぶん皆様はこの方法が多いかもしれませんが、表袖と裏袖を各々筒状にしてから合わせる方法で、何とかできました。

たったこれだけのことで、朝から四苦八苦してしまいました。

ちなみに、プロソーイング教室では、手まつりでなくミシンステッチする方法は習いませんでした。なので、我流です。

なぜか、先生に言われたことは正しく感じるのに、我流には自信がありません。

そうそう、フェイクスエードは初めての試みです。

スムース押さえを使っていますが、普通の押さえ金でも縫えそうです。

身頃は、表布だけ形になっています。オープンファスナーも付いています。

裏布は、上の袖口の写真でわかるように、ヒョウ柄です。

同色の黒の裏布ではつまらないので、ヒョウ柄の裏布で遊びます。


→ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックをお願いします。この文字列をクリックしてください。ありがとうございます。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000