黒フェイクスエードのジャケット(完成)

フェイクスエードジャケットが完成しました。

初めてのスエードなので、縫い方を考えたり、良い勉強になりました。


♦パタピッ+CADについて

ジャケット身頃をグレーディングして、襟ぐり、パネルラインを描き直しました。

パネルラインを利用した、シームポケットを作りました。

袖は、二枚袖を使用しました。


♦縫い方について

今回は、頭を使って何とか縫えました。

どんでん返しの口は、いつも裾なのですが、今回は左脇にしました。

というのは、裾をミシンステッチするので(前の記事で申しましたが、手まつりできないのでミシンステッチしました。)、返し口を裾にはできません。

いろいろ考えて、返し口が背中心なのが一番作業しやすいのですが、背中心は多くのキセが必要なくらい負荷が掛かる部分なので、避けました。

たぶん負荷が軽いと思われる、左脇にしました。左脇から手を入れて、裏布の内側を縫いました。

なので、胴体裏布と表布の中とじは、左脇はできません。

これは我流なので、あまり自信がありません。プロソーイング教室の先生は「返し口はどこでも可能だが、直線部分がベターなので裾にする。」とおっしゃっていました。

脇は直線ではありませんが、今回は左脇にして、一応、縫えました。

より良い方法があれば、教えて欲しいです。


♦着こなしについて

フェイクですがスエードなので、まあまあ温かいだろうと思って作りました。

シンプルなデザインで、黒なので、着回せます。

ファーをプラスすると、冬でも着られそうですね。

脱ぐと、裏布がヒョウ柄です。

ちなみに、このフェイクスエード、シルエットが四角っぽくなり、特に肩がキレイだと思っています。普通の布とは違った感じがします。


→ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックをお願いします。この文字列をクリックしてください。ありがとうございます。


りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000