ロングコートはベンツ必要?@有楽町

コートは裁断が完了し、これから芯貼りです。あまりはかどっていません。

昨日は作業を中断して、有楽町に行きました。出張帰りの夫と待ち合わせて、デートでした。

裁断中、気になっていたのは、ロングコートにベンツは必要か?ということです。

夫の、ニューヨーカーのコートは、ミドル丈ですがベンツがあります。

ベンツとは、後ろの割れ目のことです。

ベンツがある方が、より活動しやすいと思います。

スリムなロングコートを着たOLとすれ違いました。

後ろ姿は、やはりベンツがありました。スリムなシルエットだったので、当然かもしれません。

でも、ちょうど後身頃をわ裁ちで裁断し終えてから、有楽町に来たので、今回はベンツなしになります。

次回、ロングコートを作るときは、ベンツありにするかもしれません。

待ち合わせ場所のスターバックスで、隣の席だった男性が、神経質な目つきででパソコンを見つめながら、カシャカシャカシャ…とハイスピードで入力していました。

そのカシャカシャ音を聴きながら、私はもう、このスピードにはついて行けないし、OL復帰はムリだな、と感じました。復帰するつもりもありませんが。

前の席では、男性上司と女性部下なのか、資料のチェックをしているようでした。

有楽町のスターバックスは、オフィスの延長みたいで、仕事をしている人がたくさんいました。

その後、夫が吉田カバンの財布を買いたいとのことで、直営店「クラチカ」に行きました。

夫は、ブランド名で購入します。もちろん、吉田カバンは高品質で信頼できますが。

私が洋裁を始めたとき、夫は「服ってブランド名で購入するんじゃないの?手作りなんて価値がないじゃない!」と言いました。ある意味、その通りかもしれません。

ある業界関係者のブログで、無名デザイナーの商品なんて、バイヤーも、売れるかどうかわからないから買わない、仕入れたバイヤーの責任になるから、とのことでした。

私はプロではないけれど、痛い指摘だと感じました。

どの業界でも、一人前になるのはムズカシイですね。


→よろしければ、応援クリックをお願いします。この文字列をクリックしてください。ありがとうございます。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000