紺系ニットのペプラムジャケット風ドッキングワンピース(完成)

♦製図について

上半身がジャケット風なのが新鮮だと思います。ブラウス風が一般的ですよね。


元ネタは海外ブランドですが、ジャケットのデザインが全く違います。

それは、フロントファスナーで、開襟で、これほど本格ジャケット風ではありません。

それを、我流で、制服風メタルボタンダブルジャケット風にデザインしました。

メタルボタンは、イヤリングがゴールド系が多いので、ゴールドにしました。


なので、我流のデザイン画(下手で非公開ですが)を元にして、様子を見ながら作りました。

文字通り、朝から晩まで昼食抜きで、夢中になって製作しました。

ジャケット同様、パーツが多くて苦労しました。


ちなみに、このスクエアネックに襟が付いたデザインは、初めて製作しました。

直感的に製作すると失敗するのですが、偶然、成功しました。

スクエアネックの浅さや、小さめの襟が気に入っています。

かぶりでは、たぶん着られないので、後ファスナーにしました。


今になって、ペプラムが単純すぎた、タックなどでアシンメトリーにすれば良かったかも?と思っています。

また、スカートを共布にすれば、更に制服風で、きちんと感が増したかもしれません。

スカートが柄で、少しくだけています。


以前は、柔らかいニットで、ドレープで体型カバーするのにこだわっていましたが、今は、固めのニットで、ボディラインを拾わない方法で、体型カバーを試みています。

今作も、うまくできたと思います。複雑なデザイン故に、細かなミスはありますけれど。


♦縫製について

複雑なデザインで、細部までイメージできなくて、様子を見ながら製作しました。

それでもミスがあるので、気が向いたら直したいです。


♦着こなしについて

ワンピースなので、コーディネートが決まってしまいますがwwwwwそれがラクですよね。

紺系ワンピースは、実用的で、着る機会が多いと思います。作って良かったです。


よろしければ、ブログ村ランキングで応援してください!!

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000