【追記あり】ツイード調ニットのブレード使いカーディガンジャケット(不満で放棄)

あちこちが不満なので、ほぼ完成ですが、放棄します。

非公開にしようか迷いましたが、とりあえず公開します。


♦製図について

このようなカーディガンジャケットの画像を見かけて、マネしてみました。

カーディガンですが、小テンションニットなので、ゆるみを多めにして、袖にいせを入れました。

ブレードは、伸びない、布帛のツイードなどに使うものを使用しました。


♦縫製について

伸びるニットに、伸びないブレードを付けるのが難しかったです。

バストのブレードを付けるのに、ニットを縫い伸ばしてしまいました。


それから、ブレードは、見返しを付けた後、見返し貫通で付けるのならラクですが、見返しを付ける前にブレードを付けて、その後に見返しを付けるとなると、難しいです。後者の方法で、うまくできませんでした。


それから、ニットカーディガンにブレードを付けたようなものなので、裏なしで、裏が見苦しいです。

これなら、布帛の裏付きツイードジャケットの方が良いです。裏付きだと、まだ暑いですけれど。

既製服はどのようになっているのか、知りたいです。


不満は、二点です。


一点目、伸びなくて固いブレードが、伸びて柔らかいニットの質感と合わない感じがします。縫いにくいですし。

でも、仮に、ニットに合うブレードがあるとして、安く入手できるのか、伸縮性を保ちながらどのように縫い付けるのか、それはそれで問題ですけれど。


二点目、裏の縫い目が丸見えで見苦しいです。でも、ニット用裏布の扱いは、布帛の裏布よりも難しいです。


既製服はどのようになっているのか、知りたいです。

デパートは店員がジャマだし、リサイクルショップならチェックできますが、なかなかブレード使いのニットジャケットなんて見かけません。

たぶん、しばらく謎のままです。


よろしければ、ブログ村ランキングで応援してください。


♦追記

結局、着ることにしました。

カギホックを付けて、完成させました。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000