青×黒圧縮ニットのコーディガン(完成)

♦製図について

Wフェイスの裏表を上手く切り替えた既製服をヒントにして、作ってみましたが…、夫に「斬新」と言われてしまいました。


青×黒で、主張する色同士がぶつかって、分かれてしまっているからですね。

参考既製服は、濃グレージュ×薄グレージュのWフェイスで、主張しない色で調和していました。


それでも、自分では気に入っていましたが、夫に「斬新」と言われて、ビミョーに変化しました。


型紙自体は、目コピ+創作デザインの割には、うまくできたと思っています。


♦縫製について

切り替えは、縫い割り、縫い代が立ち上がらないように押さえステッチしました。既製服のようなスマートな始末ができなくて、手作り感が生じてしまいました。


裁ち端は切りっぱなしにしてみましたが、袖口など始末しようかな、と迷っています。念のため、袖口縫い代は付けています。


ポケットも付ける予定でしたが、裏なしなので、後回しにして、まず形にして、試着しました。夫に「斬新」と言われてしまい、ビミョーになって、圧縮ニットは高価だし、もうこれで完成にしてしまおう、と考え直しました。


♦着こなしについて

「斬新」かもしれませんが、悪くないと思うのですが…、圧縮ニットは高価なので、無駄にしたくないです。


ブログ村で応援してください。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

製図ソフトでパターン作り。ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000