母オーダーのフリルブラウス(型紙製作中)

以前、母にこのブラウスを作りました。

固いサテンで、体に添わず、ガバガバという感じでした。

ガバガバは、生地のせいもありますが、襟ぐりが少し余ってしまいました。

なので今回は、襟ぐりにダーツを入れました。

70代の母は、鎖骨辺りが痩せてしまって、前回は襟ぐりが余ってしまいました。

母はウェストを絞ったデザインが好きで、コルセット着用時に合わせています。

母曰く、洋服は形が重要で、ある程度、体の方を補正して服に合わせないとみっともない、とのこと。

私も同感です。体を補正しないで、服を体に合わせすぎるのは大反対です。

ちなみに前回のブラウスは、母曰く、肩巾が広すぎ、後ネックポイントを下げすぎ、とのことで、今回は修正しました。

私は、この前回のブラウスはあまり気に入っていないのですが、母は、着痩せするから気に入っている、とのこと。

そして、また作ってほしいとのことなので、母が選んだ生地で作ろうと思っています。


→よろしければ、応援クリックをお願いします。この文字列をクリックしてください。ありがとうございます。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000