「価格表」作りが難しい…(長文です)

昨日、美容院に行きました。

担当美容師に「すてきな服」とほめられたので、嬉しくなって「自分で作ったの」と打ち明けました。

すると、「こんなすてきな服を創る人だったんだ。知人に昔35万円もしたコートのお直しを頼んでいるのだけれど、××さん(私)に頼めば良かったな。知人は年配で、トレンドにも疎いし。」とのことでした。

でも、バブル時代のコートのお直しは、大直しだし、大直ししても形良くならないだろうし、「趣味の範疇で自信がない」と断ってしまいました。

それを母に話したら、がっかりされました。「何でも勉強!」と言われてしまいました。

私、今までにたくさん断っています…。

依頼者は、私を見込んで依頼してくださり、それは嬉しいのですが、引き受けたらきっと悶絶するくらい苦しむだろうし、かといって断るのも悪い気がするのです。

ただ、引き受けて悶絶するよりも、断って少し悪かった気がする方が、楽なのでそうしています。

でも、それを何度もくり返しているので、せっかくの依頼だし、断らない方が良いのだろうか、と思ったり、いや、でも私は精神病になるほど思い詰める性格なので、またぶり返すかもしれない、と思ったり、悩んでしまいました。

精神病をぶり返すほど依頼が殺到するなんてありえないのですがwwwwwでも、引き受けても断っても、どちらにしても悩んでしまいます。

以前、母に「依頼者に価格表を提示して、それで断られればそれまでだし、それでも依頼したい人もいるかもしれないし、まず、価格表を作りなさい。」とアドバイスされました。

確かに、そうすれば私の心のモヤモヤも晴れそうです。

ただ、依頼内容が予想外だったり、依頼者も意外だったりするので、価格表作りも難しいです。今のところ、同じ依頼はなくてまちまちです。

なので、自分が何を求められているのか、情報収集中です。それから、自分が何をしたいのか、したくないのかも、自問自答しています。

長くなりましたが、今、簡単なロングカーディガンの型紙を製作中です。

一日でできる簡単な服なので、近日中に完成させたいです。

こういう一日でできる簡単な服で、なおかつ自分で生地を選べれば良いですね。


→よろしければ、応援クリックをお願いします。この文字列をクリックしてください。ありがとうございます。


りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000