白ガウチョ・我流で接着ストレッチインベルを使ってみた

既製服で、ストレッチインベルを使ったものを探したら、ユニクロのパンツがそれっぽいです。

ユニクロで、前がストレッチインベル(たぶん)で後ろがゴムのパンツをたくさん販売していますよね。

分解して確認したわけではないのですが、前がストレッチインベルみたいな感じがします。

なので、試しに、前がストレッチインベルで後ろがゴムのガウチョを作っています。

接着できるストレッチインベルなのですが、接着力が弱くて、仮接着くらいしかくっつきません。

ちなみに、生地はポリエステルストレッチで、普通のインベルでも接着しにくい生地ではあります。

何度、再接着してもはがれてきます。

写真を見ても、接着がはがれかけているのがわかりますね。何度やり直してもダメです。

なので、ストレッチインベルの縁を縫い止めてあります。普通のインベルと同じように縁をステッチしました。

後ろゴム部分の、裏ベルトを止める落としミシンが難しくて、何度もやり直しました。

本当は、ゴムの際すれすれに落としミシンをするのでしょうが、できないので、すれすれではなく少し離してステッチしました。

後ろゴムの縫い方は、この本を参考にしました。

それなりに苦労していますが、履くと、一見普通のインベルみたいに見えて、気に入っています。

完成したら、シンディさん(=マネキン)着用写真を公開しますね。

そうそう、ストレッチインベル使用だと、ファスナーが要らないです。

ユニクロのパンツもファスナーなしですよね。

その点は、履いて楽チンなだけでなく、縫製もラクです。

パンツの前ファスナー、できれば縫いたくないです、私は。ついつい脇ファスナーに変更してしまいます。

ストレッチインベルなら、脇ファスナーも要りません。

縫い慣れれば、優れものかも。

ちなみに、今回使用した接着ストレッチインベルはこれです。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000