白のガウチョ(完成)


♦パタピッ+CADについて

購入者限定サイト、パタピッマガジン「ガウチョパンツ」を参考にしました。

私は2Lが近いのですが、裾幅35に変更して、スカーチョ風にしました。

以前作ったベージュのガウチョは「ハーフ~ショートパンツ」を使用しましたが、今回は「スタンダードパンツ」を使用しました。ただグレーディングするだけで簡単です。


♦縫い方について

白のストレッチパンツなので、ストレッチ裏を付けました。グニャグニャして縫いづらかったです。

前ベルトはストレッチインベル、後ろはゴムで、あきなしです。

パンツにはポケットは要らない主義なので、使わないし袋布がジャマなので、ポケットなしで簡単です。


♦着こなしについて

ストレッチインベルは、一見普通のインベルですが、少し伸びます。ゴムほどは伸びません。このように、前から見ると普通のインベルです。

ベルトを見せて履くことは、デブの私はないのですが、ストレッチインベルを試してみたい気持ちが強かったです。

結果、ストレッチインベルがきれいに接着しないで、表が少し浮いているのは困りますが、でも、ただのゴムパンツよりもかなり気に入っています。今後も使いたいです。

そうそう、ユニクロで前がストレッチインベル(たぶん)で後ろがゴムのパンツ、というのは、テーパードパンツのことです。ユニクロのガウチョは前ファスナーばかりみたいです。

なぜ、ユニクロを買わずに作るかというと、何となく体型に合わないし、デブなのでタック不要で、このようにダーツの方がスッキリするからです。生地も、あまり好きでないし。

でも、ユニクロみたいにはきれいに縫製できません。ストレッチなので、きれいに縫うのが難しいです。

ユニクロ、低価格でこの縫製のクオリティはスゴイと思います。キャリアブランドのワールドなどよりもユニクロの方が良いと、私は思います。

新しいマテリアルも積極的に商品化するし、一番参考になると思っています。

何だか、高級ブランドを参考にしていますと書かないとバカにされそうですが、高級ブランドはただ、イメージ戦略が上手なだけじゃない?と、秘かに疑っています。


→よろしければ、応援クリックをお願いします。この文字列をクリックしてください。ありがとうございます。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000