茶系幾何学模様ジョーゼットのカシュクールブラウス(完成)

秋物が欲しくて、作りました。

ジョーゼットは苦手です。

でも、以前、ペコの店で、¥100/mで購入したジョーゼットがたくさんあります。

後回しにしていましたが、思いきって、仕立ててみました。


♦製図について

肩にギャザーを寄せたカシュクールです。

右脇に紐通し口があり、紐を通して、左脇で縛るデザインです。

袖はラッパ風にしました。


♦縫製について

ジョーゼットはとても歪みやすいので、布目を通すように心掛けましたが、歪みが生じたようです。裾の三巻に苦労しました。

三巻ラッパと手巻きで縫いましたが、何度もパンクしかけて、ステッチ幅を均一にできませんでした。

所々重ね縫いしてしまいましたが、最終的にパンクしないで縫えたので、まあ良しとしました。

そもそも、裁断や芯貼りも歪みやすくて、苦労しています。

糸調子を合わせるのにも苦労しました。

それから、ジョーゼットに限らず、いつも紐が手作り感が出てしまいます。

紐用ラッパもありますが、これは四つ折りではなく、筒縫いです。

紐がパーフェクトに作れれば良いなと、いつも思います。


♦着こなしについて

マネキンにはあまり似合いませんが、私にはよく似合います。気に入りそうです。

ニット服は、大きなサイズをマネキンに着せても違和感がないのですが、布帛服は、やはり違和感があります。

ジョーゼットの過去作品は、ほぼ全て、気に入らず捨てました。

うまく縫えないし、デザインのミスマッチなどが理由です。

今作は、きれいに縫えたわけではないのですが、許容範囲だし、デザインは合っているので、着られそうです。

そうそう、布帛はボディラインをあまり拾わないのが良いです。

お腹はペプラムで隠れるし、紐のおかげで、寸胴でもくびれているように見えます。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

製図ソフトでパターン作り。ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000