【DIY】A形黒板看板(完成)/自分が生徒になった感想

ホームセンター主催の一日講習会で、A形黒板看板を作りました。久しぶりの木工です。

黒板面は、チョークで描けて、濡れ布巾で消せるとのこと。


ホームセンター主催だけあり、講師の教え方が上手で、感心しました。

経験を問われたので、正直に、別の講師に習って半年で6作品ほど製作したこと、服とアクセサリーを手作り市で販売するので、習った折りたたみスノコテーブルが役立つこと、などを話しました。


でも、私は指金の使い方も正しくないし、クランプの使い方も知らず、ドリルの使い方も怪しいせいか、正直に話さなければ良かったと、後悔しました。

私が言うほどできないので(というか、先生に習って作りましたが、できませんよ、とは念を押したつもりですが…。)、厳しめの講師だったので、気まずい雰囲気になりました。

他の生徒は男性で、作業が早くて、私が足を引っ張ってしまいました。


嫌な雰囲気でしたが、講師の上手な教え方のおかげで、予想以上の作品ができました。

こんなにきれいにできるとは思わなかった、今までもっと雑にしかできなかった、一日講習なのに、蝶番の付け方まで教えてくださるなんてありがたいです、とお礼申し上げました。

すると、講師が、職人ならこれでもダメと言われるよ、と水を差しました。職人に習いたいのなら、ホームセンターの一日講習なんて行かないし、どうしてそんなこと言うのだろう、と内心嫌気が差しました。


講師と反りが合わない感じで終わってしまいましたが、講習内容は充実していました。

教え方は、私が習っていた講師よりも上手ですが、通いたくない、一日講習なら良いけれど、というのが正直な感想です。

人対人だから、相性が難しいですよね…。私でなく違う人なら、違う感想かもしれませんし。


私も、同好会を主宰しているので、とても考えさせられます。

和裁教室を主宰している母には「自然体で!」と、再三注意されていますが、自然体だとアバウト過ぎる部分もあるし、直さなければなりません。

やはり、人対人なので、その人によって違うし、難しいですね。


今日はソーイング記事ではありませんが、よろしければ、応援してください。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000