【追記あり】ボルドーのタイカラーワンピース(久しぶりの布帛作品・完成)

ピンストライプのボルドーの布帛で、タイカラーのワンピースを作りました。

残暑が厳しいのに、裏付きですwwwww

タイカラーは、もっと柔らかい生地でリボン結びにするのが普通ですが、生地が固いし、このようにネクタイみたいに垂らす感じにします。


♦パタピッ+CADについて

AラインOP、一枚袖を使用しました。タイカラーは直裁ちです。

秋冬着たいので、裏付きにしました。

写真は、マネキンに合わせて後ろでクリップ止めしていますが、私は寸胴なので、あきなしでかぶって着られます。くびれのある方は、やはりファスナーが必要だと思います。


♦縫い方について

私は体の割に肩幅が狭く、秋冬物は肩パットを使用したいです。

なので、総裏にすれば良かったのですが、初秋に少しでも涼しく着たいと思い、あえて身頃のみ裏付き、袖は裏なしにしました。

すると、肩パット辺りの裏布の処理が、我流ですが難しくて、キレイにできませんでした。裏なので、着ればわかりませんが。

そんなイレギュラーな方法は、もちろんプロソーイング教室では習わず、我流です。

プロソーイング教室は学校で、マンツーマンではありませんが、先生ならどのようにするか知りたいです。もう、縁が切れてしまいましたが。

それから、初めて「襟先出し返し機」を使用して、タイカラーの先端をキレイに出すことができました!!

初めてのせいか、「襟先出し返し機」だけでは形を整えられず、針も使いましたが、納得できる仕上がりです!

写真は、実物以上に拡大したので、実際はもっとキレイです。


♦着こなしについて

かぶりのワンピースは、作るのも着るのもラクなはずで、今までにも何着も作りましたが、試着時に汗ばんでいたせいか、脱いだり着たりがタイヘンでした。少しタイヘンですが、脱いだり着たりはできます。

ピンストライプだし、ネクタイのようなタイカラーが縦を強調するので、着痩せ効果があります。

裏付きなので、もう少し涼しくなったら着たいです。

♦追記

折りジワに気付かず、最初の写真を公開してしまいました。

アイロンでシワを伸ばして、撮影し直して写真を差し替えました。

すみません。

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000