【追記あり】テラコッタのガウチョ(完成)

初秋によく見かけた、テラコッタのガウチョを作ってみました。

これに合いそうなトップスを作ったので、合わせようと思って作りました。

でも結局、そのトップスはできが悪くてボツにしました。このガウチョだけ公開します。

♦パタピッ+CADについて

スタンダードパンツを使用しました。

生地はストレッチで、ウェストはゴムの代わりにストレッチインベルを使用しました。

ストレッチインベルは、ゴムほど伸縮しないので、ベルト通しも付けました。

あきなし、裏なし、ポケットなしです。ポケットは使わないし、袋布がジャマです。

♦縫い方について

あきなし、裏なし、ポケットなしなので、難しくなかったです。

ただ、ベルトはストレッチインベル使用で伸縮するし、パンツもストレッチで伸びるので、ベルト付けはカバーステッチミシンでチェーンステッチしました。

カバーステッチミシンで、一本針チェーンステッチをまっすぐ縫うのが難しいです。技術的な問題もあるかもしれませんが、カバーステッチミシンは踊り場(押さえ金の前のスペース)が狭いので、どうしてもふらつきがちです。

♦着こなしについて

紺や黒のトップスと合わせたいです。


♦追記

股ぐりをチェーンステッチして、履いて外出したら、糸切れして穴があきそうになりました!!

そして、切れた糸を引っ張ったら、チェーンステッチなのでパーッと糸がほどけてしまいました!!!

カバーステッチミシンの取説などに、股ぐりなどにも使えると書いてありましたが、要注意です!

結局、プロソーイング教室で習ったとおり、普通ミシンで二度縫い、糸は交差させないように、縫い直しました。

ストレッチパンツは何本も作りましたが、穴があきそうになったのは、二度縫いが交差してしまい、交差した部分から糸切れしたことがありました。それ以外、ないです。

しゃがんだ瞬間、プツプツと音がして、ヤバい!!!と焦ってしまいました。

私は、あきなしのパンツの場合、股ぐりは二枚重ねてロックしているので、ロック糸が残っていて、穴はあきませんでした。でも、危なかったですwwwww

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000