茶系のガウンコート(完成・とりあえずファー襟使わず)

以前作ったフェイクファー襟を使わず、他の巻物類を合わせてみました。茶なので合わせやすいです。

でも、ファーのゴージャスさが好きなので、後日、フェイクファー襟を修正するとか、工夫してみます。

とりあえず、手持ちの巻物類と合わせて着たいです。写真は、フリンジたくさんのスヌードと合わせてみました。

♦パタピッ+CADについて

コート身頃、一枚袖を使用しました。購入者限定パタピッマガジンを参考にしました。

細いマネキンで写っていませんが、腰に箱ポケットを作りました。

♦縫い方について

基本の襟なし総裏ジャケットの着丈を長くした感じです。

基本の襟なし総裏ジャケットは、プロソーイング教室ジャケットコースの最初の課題でした。といっても、細かい説明は忘れてしまい、我流も混じります。

箱ポケットは、先日購入した本「金子俊雄の本格メンズ服」掲載の方法を参考にしました。

プロソーイング教室で習ったのは、佐藤貴美枝会長の本「工夫されたポケットの縫い方」なのですが、難しくて覚えられそうにないです。

「本格メンズ服」の方法が理解しやすく感じるので、この方法にしました。

♦着こなしについて

茶なので合わせやすいですが、少し地味に感じます。やはり、ファー襟を追加したいです。

以前作ったフェイクファー襟を修正するなり、既製品を購入するなり、工夫したいです。

着丈100cmで、ワンピースが隠れる長さです。生地の尺の都合で、これ以上長くできませんでした。



りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

製図ソフトでパターン作り、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000