イージーな私が、製図を難しく考えて、疲れてしまいましたwww

製図には、数字の計算が必要ですよね。

パタピッユーザーで、自分サイズしか作らない場合は、あまり必要ないのですが、他サイズも展開する場合は、やはり必要です。


3サイズ展開から5サイズ展開へ拡大しようと試みています。

今までXL中心の3サイズ展開でしたが、M、L、XL、2XL、3XLの5サイズ展開にしたいと考えています。

今までのXL中心で、一回り小さいLと、一回り大きい2XLの、3サイズ展開は、あまり難しく考えていませんでした。

でも、二回り小さいMと、二回り大きい3XLを加えて、5サイズ展開だと、難しく考えています。


例えば、背丈40cmで着丈60cmという場合、着丈60の裏には、どのような計算式が隠れているのだろう?と考えました。

文化式は、着丈(60)=背丈(40)+定数(20)ですよね。背丈39なら39+20で着丈59、背丈41なら着丈61ですね。

私が考えたのは、着丈(60)=背丈(40)+背丈×0.5(20)です。

少し難しく考えましたが、結果は文化式とほぼ同じですwwwww

結果がかなり異なっていたら、誤りだろうし。


もちろん、パタピッユーザーなら、サイズ展開したパタピッ入力表を知っていますし、それが基なのですが、なぜこの数字になるのだろう?と、いちいち難しく考えていました。

ちなみに、昔のパタピッ入力表だと、着丈(60)=背丈(40)×1.5で、私の考えと同じです。

今のパタピッ入力表は、着丈(60)=身長(160)×0.375みたいな計算式になっています。


どの計算式も、結果はほぼ同じなのですが、考え始めると「森」に迷い込みますwwwww

昨日は一日中、「森」で迷いに迷って、疲れてしまいましたwwwww

私の脳みそ、文系なのよ!理系の計算は不得意なのよ!!と、オーバーヒートしていまいました。クールダウンするまで、休みたいです。


画像なしの長文ですみません。もしよろしければ、ブログ村ランキングで応援してください。


りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

自作パターンで、ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000