緑ウール混ニットのクロスドレーププルオーバー(改良・完成)

♦製図について

先日作った、レーヨン混ニットのクロスドレーププルオーバーの型紙を使いました。

レーヨン混ニットはドレープがきれいですが、寒いので、試しにウール混ニットで作ってみました。

ウール混ニットでも同様にドレープができて、温かいし、改良できたと思います。


♦縫製について

ウール混ニットで、戻りが悪いので、襟ぐりはスピンテープを入れながら縫いました。エクシムロックは、専用押さえ金があります。

でも、テープ押さえの不具合なのか、縫い始めの布送りが引っかかって、汚くなるときがあります。

テープ押さえは、たまにしか使わないので、コツを忘れてしまいます。


複雑な作りで、クロスドレープの中心辺りはロックミシンで縫えません。なので、縫い残した部分は直線ミシンで縫いました。

でも、中心辺りは縫い残した方が、ドレープが自然できれいだったような気もします。


今作は、右前が上になるように意識しました。どちらでも良いと思いますけれど。


♦着こなしについて

襟ぐりにスピンテープを入れたら、あまり伸びなくなって、脱ぐのがやっとになってしまいました。

でも、温かいウール混ニットでできたので、嬉しいです。気に入っています。


応援してください

りょうりょうの洋裁#ハンドメイド大人服

製図ソフトでパターン作り。ミシン3台(職業用直線ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン)で服作り。

0コメント

  • 1000 / 1000